ダイオードレーザー脱毛ライトシェアを語る

脱毛ラボ
スポンサーリンク

ライトシェア脱毛について  Lightsheer

ライトシェア
ライトシェアデュエット
ライトシェアデザイア

キャンデラジェントルレーズシリーズに続き、導入台数が多いといわれている

レーザー脱毛機です。

日本に導入されたのは、約20年前ぐらいだと思います。

大きな特徴ですが、

・810nmの波長を使用

・コンタクトクーリングにより、照射した表皮を冷やします。(DuetのHSハンドピースは除く)

・照射面積は9mm×9mmと12mm×12mm、HSハンドピースは22×35mmの3種類。

 機種により照射面積が異なります。

 狭い範囲から広い範囲まで施術可能です。

・ジェルを塗布し、皮膚の表面をレーザーの熱から保護します。

・ルミナス社は美容レーザー界では大手で、様々なレーザー機器を販売しています。

「フォトフェイシャル」で有名なIPL機器のM22を販売しています。

ちなみに「フォトフェイシャル」は日本では登録商標を取得しています。

ライトシェア Lightsheer

日本国内にはライトシェアといわれるものが細かくわけると、7種類存在します。

古い順にいうと、

ライトシェアSP ライトシェアEP ライトシェアSC ライトシェアEC ライトシェアXC

ライトシェアST ライトシェアET

専用台に載っているのが、ET。もう一つはおそらくXCかと。外観では判断付きにくいです。

アメリカのルミナス社資料より。古いのでDuetが載っていません。

実際使用されているクリニックでは、ライトシェアXCとライトシェアETをよく見かけます。

他のモデルは、古かったり、導入数が少なかったりで、レーザー脱毛で稼働していないでしょう。

とりあえず、ライトシェアXCとライトシェアETに絞って紹介したいと思います。

外観ですが、台にのっているのが、ライトシェアETで、そうでないのが、ライトシェアXCです。 ライトシェアETの方がコンパクトです。

照射面積ですが、ライトシェアXCが12mm×12mm、ライトシェアETが9×9mmとなっています。

照射面積はライトシェアXCの方が大きいですね。約1.77倍です。

パルス幅の設定ですが、どちらも5msー400msです。

1秒間あたりの繰返し周波数ですが、どちらも最大で1秒間で2発照射可能です。

照射面積は、他社と比較すると、小さい部類になります。

販売当初は、効率良く施術を行いたい、というニーズがあまりなかったのかもしれません。

ライトシェアET、ライトシェアXCそれぞれ、販売から15年ぐらいは経過していると思います。

古いですが、現役で頑張っているレーザーの1つであり、それだけクリニックのドクターや看護師の信頼が厚いと思います。

個人的にいうと、脱毛はダイオードレーザーが一番効果があると思います。

実体験からの意見です。

かつて私もレーザー機器の営業をやっているころ、さまざまなレーザー機器をみたりさわったり、

たまには、施術もしてもらったことがあります。

そういう中で、自分の腕や足に照射してもらったことがありますが、アレキサンドライトレーザー

に比べると効果があるのでは、と思っています。

ライトシェアデュエット Lightsheer Duet

2010年ごろから日本国内に導入されました。

特徴は2つのハンドピースがついています。

1本目

1つは、HSハンドピースという22mm×35mmの大型の照射面積です。

このハンドピースの特徴ですが、照射時に皮膚を吸い上げ、表皮を伸ばします。

伸ばすことで、表皮のメラニン細胞の密度を減らします。

表皮に吸収されるレーザーエネルギーが少なくなり、より多くのレーザーエネルギーが

毛根に照射され、熱変性により毛包にダメージを与えます。

つまり、効率的にレーザーが照射できるので、低い出力でも十分効果が得られる、という事なんです。

吸引効果により、産毛などメラニン色素が少ない毛にも高い脱毛効果が表れます。

こんな動画があがっていたので、紹介します。他社より早く施術が可能であることを訴えたいのでしょう。

比較されているのは「Palomar」社のVectusというレーザー脱毛機です。日本国内でも導入されています。

背中で約3分ぐらいで終了です。

スポットサイズが22mm×35mmの大型サイズのためスピーディに施術が可能です。

ジェルも不要なため、非常にスピーディに処理できます。

2本目

もう1本のハンドピースですが、XCまたはETハンドピースというものです。

違いが照射面積です。

XC:12×12mm、ET:9×9mm

大きさの比較です。

HSハンドピースが広範囲が施術できるのに対し、これらのハンドピースは

細かい部位を対象としたハンドピースです。

このハンドピースは、ジェルを使用します。

こちらの画像はXCおよびETハンドピースの設定画面です。

SkinType・HairColor・HairTextureの設定が可能です。

皮膚の色、毛の色、毛の量(密度)が細かく設定できます。

その他

他、「Desire」という機器があります。基本的には「Duet」と大きくは変わりありません。

ハンドピースを1本づつ、必要に応じて取り付けることが可能です。

リゼクリニックとアリシアクリニックでライトシェアDuetが導入されています。

脱毛機のご案内 | 全身医療脱毛・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック
アリシアクリニックでは痛みの少ない医療脱毛機「ライトシェアデュエット」を導入しています。短時間で施術ができ、ほぼ痛みを感じることのないレーザー照射で、短期間で高い効果が得られます。今まで痛みが不安で医療レーザー脱毛にトライできなかった方でも、安心して通っていただけます。
4種類の医療レーザー脱毛器|医療脱毛専門のリゼクリニック
当院で使用している医療レーザー脱毛器のご紹介です。4種類の脱毛器を使い分け、最大の脱毛効果を最小のリスクでお届けします。

メンズリゼとゴリラクリニックにもライトシェアDuetが導入されています。

レーザー脱毛の仕組み|【公式】男性脱毛のメンズリゼ
黒色に反応するレーザーの特性を利用し、発毛に関わる細胞に熱を与えて破壊するものが、基本的なメカニズムです。脱毛機により「熱破壊式」と「蓄熱式」の方式の違いがあります。それぞれアプローチする細胞が違いますが、どちらも永久脱毛効果があるものです。
レーザー脱毛の仕組み|【公式】男性脱毛のメンズリゼ
黒色に反応するレーザーの特性を利用し、発毛に関わる細胞に熱を与えて破壊するものが、基本的なメカニズムです。脱毛機により「熱破壊式」と「蓄熱式」の方式の違いがあります。それぞれアプローチする細胞が違いますが、どちらも永久脱毛効果があるものです。

ライトシェアレーザーはどういった方にお勧めでしょうか?

効率よい施術を求める方

照射面積の大きいHSハンドピースは、腕、足、おなか、背中等、広範囲を施術

できます。

ジェルも不要なため、スピーディに施術が可能です。

痛みにガマンできる方

あくまでも経験談となりますが、痛みは少ないです。むしろ照射したかどうかがわからないくらいです。

照射時に皮膚を吸引しますが、これが結構な吸引力です。

その吸引力の強さで、レーザー照射の痛みがごまかされているかもしれません

産毛までしっかり脱毛したい方

ライトシェアデュエットは、吸引により、照射口と毛根までの距離が非常に近くなります。

そのためメラニン色素が薄い産毛にも、ターゲットにアプローチし、脱毛効果を得ます。

従来の脱毛機では効果がわかりにくかった顔や背中、お腹などの産毛もしっかり効果を発揮

します。

先ほど、動画で他社との速さを比較しているものがありましたが、比較されたPalomar社が作成した動画がありましたので、おまけでご紹介しておきます。⇩

どちらも早くて、良いレーザー脱毛機だとおもいます。個人的には、はい。

以上レーザー脱毛機ルミナスライトシェアシリーズのご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました